美肌になるために食べるべきものとは?【食事から美肌を作る】

食事【栄養】




最近では『美肌男子』という言葉が出てきたほど、男女ともに美肌を気にするようになってきています。美肌にするために様々なクリームや化粧水などを試している人も多いのではないでしょうか?

たしかにクリームや化粧水などは美肌になるためには欠かせません。しかし、実は何を食べるか、つまり食事も美肌になるためには欠かせないんです。

そこで今回は美肌になれる食材を紹介していきます。

 

◾️美肌になるために必要な栄養素【3つ】

美肌になるために必要な栄養素はズバリ、ビタミンA、ビタミンC、タンパク質の3つのみです。

この3つの栄養素について解説していきます。

 

①:ビタミンA

ビタミンAが不足してしまうと、骨や皮膚、目の健康、肝臓機能の正常化、そして免疫作用などの働きに影響が出てしまいます。

つまり、ビタミンAが不足してしまうと肌荒れに繋がってしまうということです。

 

特に下記の人達はビタミンAが不足しています。

・乾燥肌

・ニキビや吹き出物

・シワ

 

上記の人達は要注意です。

これらの対策はビタミンAを摂取すれば完全に解決できるというわけではわりませんが、摂取していなければこのような症状に陥ってしまうということは覚えておきましょう。

では具体的にビタミンAを豊富に含んでいる食材とはなんなのか?

 

ビタミンAを豊富に含んでいる主な食材

・緑黄色野菜

・うなぎ

・レバー

・卵(卵黄)

・牛乳

 

緑黄色野菜の中でも人参やほうれん草は、カテロイドが多く含まれていて、美肌に効果的と言われています。

もし、ビタミンAを多く含んでいる食材が苦手で食べれないという人がいたら、サプリメントからでもビタミンAの摂取は可能です。

 

②:ビタミンC

ビタミンCにはシミやくすみの原因となるメラニン色素を抑える働きを持っているため、美肌になるためには絶対に欠かせません。

 

ビタミンCが不足してしまうとどのような症状に陥ってしまうのか?

・シミやくすみ

・毛穴の開き

・ニキビ

・紫外線などの外的刺激に弱い肌

 

上記のようになってしまいます。特にビタミンCが不足してしまうと、シミやくすみは目立ってしまいます。

一般的にビタミンCと聞くとレモンやオレンジを思い浮かべる人が多いかと思いますが、実はビタミンCを豊富に含んでいる食材ってたくさんあるんですよ。

 

ビタミンCを豊富に含んでいる食材

・みかん

・いちご

・レモン

・パプリカ

・ピーマン

・ブロッコリー

 

『レモンが1番ビタミンCを豊富に含んでいる』と思いがちかもしれませんが、実は違うんです。

実はキウイはレモン8個分のビタミンCを含んでいると言われていて、もしフルーツからビタミンCを摂取したのであればキウイがおすすめです。

 

③:タンパク質

たんぱく質は体を作るために欠かせない栄養素。肌や髪、爪もたんぱく質で構成されています。体はタンパク質から形成されているといっても過言ではありません。

 

タンパク質不足に陥ってしまうと起こる症状

・乾燥肌や肌荒れ

・髪や肌の艶のなくなり

・疲労感

・筋力低下

・認知機能の低下

・集中力の乱れ

 

タンパク質不足になると、肌のみならず健康にまで被害を及ぼします。全体的な健康、美を保つためにもタンパク質は欠かせません。

 

タンパク質を多く含んでいる食材

・鶏肉

・馬肉

・豆腐

・アーモンド

・アボカド

・マグロ(赤身)

・卵

 

上記の食材はタンパク質を多く含んでいながら、低カロリーなため脂肪もつきません。

美肌にばかり気を取られていて、肝心の体の健康の面を気にかけることができなければ意味はありませんからね。体を健康に保つことが美肌を保つことの秘訣でもあります。

 

 

◾️五大栄養素を適切に摂取

五大栄養素とは炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラル、脂質の5つのことです。

たしかに、上記で紹介した3つの栄養素は美肌になるためには効果的です。しかし、その3つばかりに気を取られて、その他の2つが疎かになってはいけません。

偏った栄養素ばかりを摂取していたら絶対に健康に被害を及ぼします。そして肌にも被害を及ぼします。

全ての栄養素を適切に。その上で、上記で紹介した3つの栄養素を意識するといった感覚で十分です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました