パンプアップは筋肥大と関係ある?パンプアップのさせ方を解説

トレーニング




筋トレ後に一時的に筋肉が膨らむ、筋肉が大きくなるパンプアップ。『パンプアップは筋肥大と関係ある?パンプアップさせなきゃ筋肉は発達しない?』などの疑問を持っている方は多いと思います。

結論を先に言うと、筋肥大にパンプアップは必要不可欠です。

それでは、パンプアップの仕組みや必要性について解説していきます。

 

 

◾︎パンプアップとは?

パンプアップとは筋力トレーニングなどによって筋肉に負荷を与え続けた場合、一時的に筋肉が膨らむ、大きくなる現象の事です。

パンプアップがなぜ起こるのか簡単に解説すると、血液やリンパ液などが鍛えている部位に集まってきて、一時的に鍛えている部位の血液が増加するため膨らみ大きくなります。これがパンプアップです。

パンプアップについてさらに深堀りしていきます。

 

☑️パンプアップをしている状態の体

パンプアップを感じている場合の体について説明します。

ある一定の部位を集中して鍛えているとその部位に乳酸、アデノシン、ATPなどの代謝物質が筋肉中に溢れてくるようになります。 これらの物質が筋肉中に溜まっていくと筋肉の動きが悪くなってきます。これらの不純物の濃度を薄めるために血液中から血漿という物質を、鍛えている筋肉へ送り込むことによって筋肉というのは膨らみ大きくなる、いわゆるパンプアップという状態へなるわけです。

激しいトレーニングをすればするほど乳酸、アデノシン、ATPなどの代謝物質は溜まりやすく、血液中から血漿を筋肉へ送り込もうとする作用が強くなるため、パンプアップの感覚も大きくなってきます。

つまり、要約すると上記にも書いてある通り『鍛えている部位に血液が集中してくるため膨らむ』というわけです。

 

☑️パンプアップをしていない状態の体

パンプアップを感じることができない場合は上記とは逆で、鍛えている筋肉中に乳酸、アデノシン、ATPなどの代謝物質が溢れてなく、血液中から血漿が送り込まれていない状態です。

つまり、トレーニングの強度がそんなに強くない、もしくはトレーニングのやり方が悪いと、パンプアップは起こりません。

 

 

◾︎パンプアップすると筋肥大する?

まず始めに『パンプアップ=筋肥大』ではありません。

繰り返しますがパンプアップは鍛えている部位に血液が送り込まれ一時的に大きくなっているだけです。これは数十分程度で元の大きさに戻ってしまうでしょう。

しかし、パンプアップと筋肥大が全く関係ないというわけではありません。パンプアップしている状態というのはトレーニングを追い込めているということです。つまり、筋繊維をしっかりと破壊できている状態ということです。

 

つまり下記のような流れです。

1:筋トレをする

2:パンプアップする

3:筋繊維が破壊されている

4:筋繊維が合成を始める

5:適切な栄養摂取、休養

6:前より筋肉が大きくなる(筋肥大)

 

パンプアップしたからといって筋肉が大きくなるわけではありませんが、パンプアップしている状態というのはしっかりと筋肉に効いている状態です。

そこからさらに負荷をかけることによって筋繊維が破壊されていき、合成作業を始めます。

 

 

◾︎パンプアップさせるためにすべきことは?

パンプアップしていると一時的に筋肉が大きくなり、カット(筋肉のライン)がはっきりしているため普段の自分より体がカッコよく見えてきます。

パンプアップはそういう自分をカッコよく見せることができますし、筋トレを継続できる一つのモチベーションにもなります。

それではパンプアップさせるためにすべきことについて解説します。

 

①:正しいフォームで行う

パンプアップさせるためには筋肉にしっかり負荷をかけてあげることが大切です。いくら重い重量を扱っていても、それがめちゃくちゃなフォームだったら全く意味がありません。

軽い重量でも正しいフォームで行えば十分に筋肉に効かせることはできます。

重い重量を扱うことよりも、正しいフォームを身につけることを最優先にしましょう。

 

 

②:鍛えている筋肉を意識

鍛えている筋肉を意識することって当たり前のようで意外とできてない人が多いんです。

『自分が今やっているトレーニングはどの部位に効いているのか』

それを意識するのとしないのとでは負荷は全然変わってきますし、筋肉に対する効き方も変わってきます。

トレーニングの勉強を1度やってみましょう。

 

 

③:スーパーセットトレーニング

スーパーセットトレーニングとは主に腕のトレーニングの時によく用いられます。

スーパーセットトレーニングとは何なのかというと、上腕二頭筋と上腕三頭筋のような拮抗筋を交互に鍛えていくトレーニングです。

 

☑️トレーニングの例

1:アームカール

(インターバルなし)

2:フレンチプレス

(インターバルなし)

3:バーベルカール

(インターバルなし)

4:プレスダウン

 

スーパーセットトレーニングは上記のようにインターバルなしで拮抗筋を交互に鍛えていきます。インターバルはありませんが上腕二頭筋を鍛えているときは上腕三頭筋のインターバルといった感じです。

スーパーセットトレーニングはパンプアップさせるのにもっとも効果的なトレーニング方法と言われています。

そのぶんめちゃめちゃきついですが...。

 

 

◾︎まとめ

上記をまとめます。

・パンプアップ=筋肥大ではない

・パンプアップさせて終わりにならないようにする(栄養摂取)

・まずはトレーニングフォームを見直しましょう

このような感じです。パンプアップが筋肥大にそのまま直結はしませんが、金肥大させるための1つのシグナルとはなります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました