【2020年】プロテイン初めてでも安心!人気プロテイン5選

食事【栄養】

プロテインを買ったことがないから何を買えばいいかわからない。プロテインの効果は?おすすめが知りたい。

 

上記のように悩んでいる筋トレ初心者の方は多いはず。そんなあなたの為に「今話題のおすすめプロテイン」をサクッと紹介。

プロテインは様々なタイプがあるので、人それぞれ目的によって買うものは変わってきます。そこも踏まえ、色んなメーカーのプロテインを飲んできた僕が解説します。

 

スポンサーリンク

プロテインを飲むメリット、デメリット

まず「なぜプロテインを飲むのか?」について知りましょう。何も考えずに飲むのと、しっかりとメリットデメリットを知った上で飲むのとでは全然違います。

 

①:プロテインを飲むメリット

プロテイン=筋トレをしている人が飲むもの

という認識を持っている人が多いですが、これは全く違います。プロテインとは英語で「タンパク質」を意味し、プロテインとは筋肉増強剤でもなんでもありません。単なるタンパク質なんです。

タンパク質とは皮膚、髪、爪、内臓など人間の体を作るのに欠かせない成分の1つです。つまりプロテインは、この人間にとって重要な成分をサクッと簡単に摂取できるというわけです。

また、トレーニングをしている人なんかは、壊れた筋繊維の回復を促進するために、トレーニング前やトレーニング後のタンパク質摂取は必須となってきます。このタイミングでの食事はなかなか難しいため、多くの人はプロテインでサクッとタンパク質を摂取しているというわけです。

このサクッと簡単に手軽にタンパク質を摂取できるというのがプロテインの最大のメリットです。

 

②:プロテインを飲むデメリット

ハッキリ言って、プロテインを飲むデメリットはありません。「プロテインは体に悪い」なんて言っている人がいますが、医学的にそのような根拠は一切述べられていないのでご安心を。

 

日本の筋トレ界を牽引している、山本義徳さんはプロテインについて下記のように述べています。

腎臓病学会が、タンパク質に関するレビューみたいなものを出したんですけれども、軽い腎臓病の人でも、特にタンパク質の摂取に対して制限はしないということになっています。腎臓の悪い人でもそういうわけですので、健康な人においてプロテインを飲みすぎたからと言って、特に問題はないということが言えます。

実際にプロテインを飲みすぎて、健康な人が何か問題が起こったという研究、論文なんかも全くありませんので、安心して飲んで頂ければと思います。

参照:YouTubeチャンネル 山本義徳筋トレプログラム

 

プロテインが体に悪いということは一切ないですし、気軽にタンパク質を摂取できて、味も美味しい最高のアイテムです。

 

 

プロテインの飲み方と選び方

プロテインは目的によって選び方は変わってきますし、飲み方も少し間違えると太っちゃったりします。そうならないためにも飲み方と選び方はしっかりと覚えておきましょう。

それでは目的別にプロテインの飲み方と選び方について解説します。

 

①:プロテインの飲み方

最近ではプロテインバーなどが販売されていますが、ほとんどのプロテインが粉末状のパウダーです。そのため水や牛乳に溶かして飲むのが一般的とされています。

水に溶かして飲む場合は全く問題はありませんが、牛乳に溶かす場合は「低脂肪乳」にしましょう。

たしかに普通の牛乳に溶かした方が、美味しく飲めるのですが、その代わりに脂肪分が高くなってしまいます。せっかく、プロテインを飲むのだから、なるべく余計な脂肪分は避けたいですよね。

そのためにも牛乳に溶かす場合は「低脂肪乳」にすべきです。低脂肪乳でも全然おいしく飲めますよ。

 

②:プロテインの選び方

プロテインと一言でいっても、実はプロテインには「ホエイプロテイン」「ソイプロテイン」「カゼインプロテイン」の3つのプロテインがあります。

 

この3つを簡単に説明すると、

 

ホエイプロテイン

「牛乳を原料に作られています。一般的にスポーツショップなどで売られているプロテインのほとんどはホエイプロテインです。主な特徴としては摂取してからの吸収が早く、タンパク質合成を促進して筋肉を作ってくれます。また、タンパク質は当然、ビタミンやミネラル、必須アミノ酸等も配合されています。」

 

ソイプロテイン

「大豆タンパクを原料に作られています。大豆には、通常、食物繊維、イソフラボン、タンパク質が含まれていて、さらにソイプロテインからはたくさんのアミノ酸を摂取できます。栄養素がたくさん含まれていて非常に高性能なプロテインですが、消化が遅い、粉っぽいなどのデメリットもあります。」

 

カゼインプロテイン

「牛乳に含まれているカゼインを原料に作られています。カゼインとは牛乳に含まれているタンパク質の8割を占める成分のことで、牛乳から脂肪とホエイを取り除いた残りの不溶性固形成分です。カゼインプロテインは吸収は非常に遅いですが、血中のアミノ酸濃度を長時間、高い状態でキープできるというのが特徴です。」

 

筋トレ初心者の方は、まずはホエイプロテインを買えば間違いありません。一般的に、スポーツ店などで売られているプロテインは全てホエイプロテインです。

 

 

 

【2020年最新】おすすめプロテイン5選

僕はこれまで10種類以上のプロテインを飲んできましたは、その中でもおすすめな5つのプロテインを紹介します。

 

①:ゴールドスタンダード ダブルリッチチョコレート

プロテインの王道といえばゴールドスタンダードです。世界シェア1位の100%ホエイプロテイン。1スプーン32g中、ホエイプロテイン24gを含んでいてタンパク質を多く摂取したい方は必須。

✔️こんな方向け

「とにかく筋肉を付けたい。そのためにタンパク質を多く摂取したい。」

 

②:マイプロテイン impact ホエイプロテイン

コスパ最強プロテインと言ったら間違いなくマイプロテイン。さらに味の種類がめちゃめちゃ豊富で、こなも溶けやすく美味しく飲めるため、プロテイン始めての人にもおすすめです。このコスパで1食あたり21グラムのタンパク質を摂取できるの最強すぎます。

✔️こんな方向け

「はじめてのプロテインで失敗したくない。なるべく安くて美味しいものが良い。」

 

③:ザバス ホエイプロテイン100 ココア

スポーツ店や薬局などで、1番と言って良いほど見かけるのは間違いなくザバス。コスパやタンパク質量は他のプロテインと比べて多少劣っているかもしれませんが、ザバスのホエイプロテインの良いところは「4種のビタミンB群+ビタミンC+ビタミンD」を配合しているところです。

タンパク質のみならずビタミン群も補給できて体作りにもってこいの一品。

✔️こんな方向け

「美容や健康のためにプロテインを飲みたい。ジュース感覚で美味しくプロテインを飲みたい。」

 

④:CFM ホエイプロテイン ダブルチョコ 

1食あたりのタンパク質量が16.5gと普通ですが、タンパク質含有率が驚異の82.7%。またホエイペプチドも配合されており、トレーニング後に素早く体内にタンパク質を吸収させることができます。お値段は他のプロテインと比べて高めですが、その分、性能は間違いありません。

✔️こんな方向け

「筋肉量を増やしてカッコいい体になりたい。トレーニング後に素早くタンパク質を体内に吸収させたい。」

 

⑤:DNSホエイプロテインSP チョコレート

DNSは「どうせ飲むなら美味しいプロテインの方がいい」をキャッチフレーズにしていて、常に新たなプロテインの開発に努めています。1食あたり27gという高タンパク質を含みつつ、良い意味で「プロテインぽくない味」です。

誰もが間違いなく美味しく飲める味わいです。

✔️こんな方向け

「日本で誕生したスポーツブランドが良い。ジュース感覚で美味しくプロテインを飲みたい。」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました