語学勉強で伸び悩んでいる人必読!あなたも○○をすれば圧倒的に語学力がアップします

海外生活




これまでドイツ、シンガポール、タイ等で生活をし、その他数カ国旅行にも行った僕ですが海外生活1年目は日本語以外全く話すことができませんでした。英語は小学生レベルで何を言われても「イエス」しか言うことが出来ず、またドイツ語なんて数字や挨拶すら知りませんでした。

しかし今は英語、ドイツ語は日常会話程度なら何の問題もなく会話出来るまでに成長。

では、なぜ自分がここまで成長できたのか?

それは僕が海外で生活して行くうちに語学が成長するために大切なことに気づいたからです。今回は僕が語学力アップした秘訣を紹介していきたいと思います。

 

 

✔︎語学力が成長した3つの理由

 

1:とにかく聞いて話す

以前の自分はとにかく自分で単語をひたすら覚えたり、YouTubeで勉強したりと、とにかく自分である程度勉強して成長してから外国人との会話を増やしていこうと考えていました。

しかしこれは大きな間違い。

これではスピーキングは決して伸びません。もし英検やTOEIC、TOEFL等の筆記試験で良い点を取りたいなどの理由であれば、とにかく机に向かい暗記しまくるという方法が正しいでしょう。

しかし、会話力を高めたいのであればとにかく外国人と話す。話して話して話しまくるのをおすすめします。

話しまくった方が良い理由

・会話力は会話をすることでしか高められない

・分からない単語を質問する事によって覚えられる

・ヒアリングとスピーキングが伸びる

・ネイティブな話し方が身につく

・外国人とのコミュニケーション能力向上

最初は何を言っているのか分からず嫌になってしまう事もあるかもしれません。文法とかもたしかに大事かもしれませんが、何よりも相手に伝えようとする気持ちが大切です。めげずに分からないことがあれば質問し、どんどん会話していきましょう。そうすることで圧倒的に会話力は身につきます。

 

2:恥を捨てた

外国人との会話ってどうしても緊張してしまいますよね。

「もし、自分の言っていることが伝わらなかったらどうしよう」

「相手の言っていることが分からない」

「発音間違ってないかな?」

などなど、人それぞれ会話の最中に考えてしまうと思います。しかしこの恥じらいを捨てるというのが語学が成長するためには必須です。

分からないことがあったら聞く、身振り手振りを使ってでも自分の伝えたい事はしっかり伝えて中途半端にしない

これは非常に大切です。日本人特有の愛想笑いや、雰囲気笑いなどは外国では通用しませんし、むしろ場合によっては悪影響です。どんなにぐちゃぐちゃな言葉、文法になってしまっても構いません。自分が本気で伝えようとすれば、相手も本気で理解しようとします。

へらへらするのはやめましょう。

 

3:外国人の友達を作る

これが1番大切なのではないでしょうか。まずは外国人の友達がいなければ外国人と会話をする機会もありません。

 

それでは外国人の友達ってどうすれば作れるの?と思った方、こちらの記事を是非参考にしてみてください→【外国人の友達が欲しい人必見】海外で友達を作る方法を教えます

 

✔︎会話に参加

どうせ会話に参加しても話せないし…。

なんてみなさん思っていませんか?そんな事気にする必要は全くありませんし、むしろ何も喋らずただいるだけの方が気になります。会話に参加するのも語学力、会話力アップのためにとても重要ですし、いろんな人と接する事で新たな発見や気づきがあります。

恥じらいは捨ててどんどん会話に参加していきましょう

 

✔︎会話力がアップしてきたら次のステップへ

外国人と会話をしていれば会話力は確実にアップし、徐々に会話をするのが楽しくなってきます。文化の話、食事の話、プライベートな話など、何気ない会話をどんどんするようになります。

 

徐々に会話に慣れてきたら次はこの3点に気をつけましょう

・発音

・文法

・単語をもっと覚えて会話のバリエーションアップ

こうして次へ次へとステップアップしていくことでいつの間にかペラペラに話せるようになります。そしたら外国人との会話ももっと楽しくなりますし、もっと深い話もできるようになりますよね。

海外生活の1番の醍醐味は現地人との会話だと僕は思っています。その国その国で特色があって本当に面白い。そしてその国に溶け込むためには語学の勉強は必須です。

 

✔︎最後に

僕が思うに、外国語の会話力がアップしない人は圧倒的に外国人との会話数が少ないと思います。そして外国人の友達も少ない。まずは外国人の友達を作ることから始めていきましょう。

恥じらいを捨てて自分の気持ちをしっかり伝えることが大切です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました