【海外サッカー留学】どこの国へ行くか迷っているなら○○へ行きましょう

サッカー




海外サッカー留学といっても世界各国に様々なリーグが存在しています。そして近年ではアジア、アメリカ、アフリカ、南米、中米、北米、ヨーロッパと世界各国に日本人サッカー選手が存在しています。そんな状況というのもあり、「海外へサッカー留学したいけどどこの国がいいんだろう」と迷う人も少なくないと思います。結論から言ってしまえば、

自分の好きな国、挑戦したい国へ行くのが1番ですが中々決めれないですよね。

今回はどこの国へ挑戦すればいいか迷っているあなたへアドバイスします。

 

 

✔︎迷っているならヨーロッパへ

 

もしどこへ行こうか迷っているならヨーロッパの特にサッカーが盛んな国へ行くことをお勧めします。ビザの関係上難しい国などあるかもしれませんが、ヨーロッパの中でも特にお勧めはドイツ、スペイン、フランス、オランダ、クロアチア、スウェーデン、ポーランドです。また最近ではマルタ共和国もおすすめします。

ではなぜこの国をすすめるのか?

 

1:ステップアップへ繋がる

日本では地域リーグで結果を残しても中々次へのステップへ繋げることって難しいですよね。しかしヨーロッパは違います。なぜならヨーロッパサッカーは常にサッカー関係者同士での情報交換が行われていたり、下部リーグであろうとインターネットで選手の情報はすぐにチェックできますし、活躍すれば地元新聞に乗ることもあります。

1つの例として、、、

ドイツ6部リーグでダントツ得点王になった選手は、その年にドイツの上のリーグやその他ヨーロッパの強豪国のチームと繋がりがある代理人から契約をしたいというオファーをもらいました。その選手は今ではドイツ4部リーグで得点ランキング3位という結果を残していて、今下部リーグで1番ブンデスリーガへ近い選手と言われています。

このように活躍すれば誰かが見てくれているという環境は選手にとってもモチベーションになりますし、とても分かりやすいのかなと思います。

 

2:選手として必ず成長できる

これは選手次第とも言えますが、ヨーロッパサッカーへ挑戦するとサッカー選手として大きく成長できると思います。なぜなら下部リーグとはいえ元ブンデスリーガ、エールディヴィジ、リーグアン、ラ・リーガなどその国のトップでプレーしていた選手がいるからです。また下部リーグにはプロサッカー選手になってやろうっていう選手も多くいるのでレベルも決して低くありません。体も日本人よりデカイですし、強いです。そして激しい。

そんな中で日本人選手がどう活躍できるか、自分の武器、外国人選手に勝てる部分はなんなのか。

そんな事を毎日考えながら僕自身生活をしていましたし、練習から試行錯誤を繰り返していました。そこで僕は自分よりも大きい選手に有効な方法だったり、球際に激しく行く力などを身につけました。そして何よりも考える力が海外でサッカーしていて1番身についたかなと思います。

 

3:ヨーロッパからアジアへ

近年このヨーロッパからアジアへの移籍も増えてきています。有名どころの選手でいうと、ポルトガルからカタールへ移籍した中島翔哉選手、ブルガリア1部リーグからサガン鳥栖へ移籍した加藤恒平選手、ルーマニアリーグからヴァンフォーレ甲府へ加入した瀬戸貴幸選手、スロバキアリーグから韓国1部リーグへ加入した西翼選手など多くの日本人選手がヨーロッパでの活躍が認められてアジアへ移籍しています。

僕の友人でこのような選手がいました。

ドイツ5部リーグでプレーしていた彼はサッカーだけで生活することは厳しく、日本食屋でアルバイトをしながら生計を立てていました。3年間ドイツ5部リーグでプレーしたものの中々ステップアップをすることが出来ず活躍の場をマルタ共和国1部リーグへ。そこでの活躍が認められてインドネシア1部リーグへ。今ではインドネシアでプロサッカー選手として活躍しています。

ドイツは5部リーグとはいえ元ブンデスリーガでプレーしていた選手もいてレベルは高いです。そこでステップアップは果たせなかったものの、ドイツの激しい環境で揉まれた彼はサッカー選手として成長しました。ドイツでのステップアップに見切りをつけて他の国へ挑戦した彼は見事にドイツでの経験を生かして、インドネシアでプロサッカー選手へとなりました。インドネシアリーグというのは東南アジアでもトップクラスにサッカー熱が高く、観客も多い試合では数万人入ることもあるほどです。

ここで僕が言いたいのは、このように成長の場としてもヨーロッパはアリだということです。特に中卒、高卒の選手はヨーロッパへ挑戦することをおすすめします。本場のサッカーを自分の肌で感じることで自分の中で何か心の変化が起きるはずです。

 

✔︎もちろんその他の国もアリ

ここで僕がヨーロッパをおすすめしましたが、結局は自分がやりたい国でプレーすることが1番です。やりたくないところでプレーしてても楽しくないです。

あとは何よりも行動力です。

自分で行動を起こせるか起こせないかで大きく変わってきますよ。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました