【海外サッカー留学】これから海外へ挑戦しようと思っている人必見!裏海外サッカー選手のリアルな悩み

サッカー

僕自身これまで日本の地域リーグ、ドイツ下部リーグ、シンガポールプレミアリーグ(1部)でプレーしてきました。

この記事は”これから海外へ挑戦しようと思っている方“向けの記事です。

僕が実際に海外でプレーしていて感じた悩み、その他にもヨーロッパ、南米等でプレーした方達へも裏海外サッカー選手のリアルな悩みについて調査を行いました。

世界のトップリーグで活躍している選手はメディアにも多く取り上げられ、注目度も高くみなさんがよく知る海外サッカー選手と言えるでしょう。しかし世界にはメディアに取り上げられず、認知度も低いですがプロサッカー選手、セミプロ選手として活躍している日本人が沢山います。これがいわゆる裏海外サッカー選手ですね。

今回はこの裏海外サッカーのリアルな悩みについてご紹介していきたいと思います。

1:サッカーの違い

「サッカーはサッカー、世界共通でしょ」と括ってしまえば確かにそうかもしれません。しかし実際には戦術、審判(ファールの基準)、プレーの激しさなど日本とは異なった部分がたくさん出てきます。これはトップリーグで活躍している選手でも直面する悩みではないのかなと思います。今まで日本でしかプレーしてこなかった選手は特にこの環境の違いに戸惑うのではないでしょうか。

自分の経験やいろんな人の意見を元に超簡単にまとめるとこんな感じです。

・球際めっちゃ激しい(アフター多め)

・ファールの基準違う

・喧嘩で試合止まりがち

・1vs1が圧倒的に重要

・FWは結果が最も重要(得点)

・日本との戦術が全然違う(国による)

・ゴラッソが頻繁に起こる

・足元は日本人の方がうまい

僕は海外に行ってから”本当にサッカーが上手い人とはどういう人なのか“というのを考えるようになりました。足元のボールを扱う上手さは日本人は世界でもトップクラスだと思います。しかしそれとサッカーはまた別というのを海外に行って思い知らされました。ボールを扱うテクニックが下手でも点を取る、対人が圧倒的に強いなどのなにか武器をみんな持っているなという印象が強いです。たしかにサッカーは技術ありきですが、日本人はサッカー脳の部分で劣っていると僕は思います。

自分が行った国はこうだったなどの意見があれば是非教えてください!

2:オフ期間中の練習場所

これも悩みの種なんですよね。。海外サッカーだと1年に約2回、1ヶ月間ほどのオフ期間があります。その時の練習場所って実はなかなかなくて、個人でジムに行ったり、軽くボールを蹴る程度になってしまいがちです。オフ明け後に良いコンディションで迎えられるようにこのオフ期間はとても重要な期間となってきます。

⚠︎オフ期間全く体を動かさない選手ももちろんいますし、そんな選手でもオフ明け後しっかりコンディションを戻し開幕にはベストに持ってくる選手もいます。

3:移籍、契約、チーム探し

これはどこの国へ行ってもまとわりつく問題だと思います。練習参加していたチームと契約寸前で契約破棄なんて話はよく耳にします。そしてさらに問題なのが“移籍期間”です。各国によって移籍期間は異なってきます。契約をするからと言われていて契約書も書かずにずっと練習参加を続け、最終的に移籍期間終了間際にやっぱり契約はしないなんて話も少なくありません。

この”契約するする詐欺”には気をつけてください。契約書にサインをして初めて契約成立ですので。

⚠︎口約束の契約は全く信用できないのでしっかり契約書にサインするまで安心はできません。そして契約者の内容はしっかり確認する事、契約書のコピーも貰っておく事!

 

・まとめ

今回は裏海外サッカー選手の大きな悩みを簡単にご紹介しました。実際に現地に行けばまだまだ小さい悩みが積み重なります。しかしそういうのも全て含めて僕は海外サッカーって面白いって思っています。日本では味わえない日常が海外では待っています。

皆さんが行った国で何か面白い出来事などがあれば是非コメントください!次回は海外に挑戦すべき理由を書こうと思っています。お楽しみに!

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました