【海外サッカー留学】気になる留学費用は?みなさんのお悩みを解決します




✔︎このようなこのような悩み、気持ち、考え方を持った方向けです。

 

・海外へサッカー留学したいけれど費用は総額いくらくらいかかるんだろう

・中学生、高校生でも海外へサッカー留学できる?

海外へサッカーで挑戦するというのはとても勇気がいる事ですが、その反面とても貴重な経験、日本では絶対できない体験ができます。
僕はドイツで1年半、そして今現在はシンガポールでサッカーをさせていただいていますが、その国その国で日本とは全然違った環境、生活、サッカーが体験できて充実した毎日を過ごせています。

今回は、海外へサッカー留学するにあたり壁の1つである【費用】や留学をするのに早すぎる、遅すぎるというのはあるのかという【年齢】についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

✔︎海外サッカー留学にかかる費用

結論を先に言いますと、

サッカー留学にかかる費用はその国によって違ってきます

しかし、費用は違ってきますがお金をかける部分は全世界共通だと思います。

主にかかる費用はこの4つです

・渡航費
・家賃
・移動費
・食費
・語学学校(行く人だけ)

この4つにプラスして後は生活必需品購入や、チームメイトや友達との付き合いでいくらか使うくらいですね。海外ではそういったチームでの食事会などは大切だと思うので、そこはお金を惜しまずになるべく参加するようにしましょう。

その行く国によって費用が違ってくるというのは、その国その国で物価の安い、高いがあるのでそこで大きく変わってくるということです。

例えばタイなどであれば物価が安いので、渡航費を除いた生活費全て含めて月に数万円で済みますし、逆にアメリカやヨーロッパなどの物価の高いところに行けば、シェアハウスなどにして最低限に費用を抑えても月に10万円程度は行くかなと思います。

僕がドイツで生活をしていた頃は語学学校代も含めて月に10万円程度で生活をしていました。

 

僕がドイツで生活をしていた時

・家賃(3万円)
・移動費(1万円)
・食費(3万円)
・語学学校(3万円)

家賃はシェアハウスでしたし、移動費は月の定期券を購入していたのでかなり安く抑えれましたし、この生活で十分でした。サッカー選手として食費は惜しんではいけないのでそこは惜しみなく使いましたが、月にこのくらいでドイツで生活できればかなり安い方かなと思います。

このように節約するところはして、お金を惜しまず使うところは使えば費用は抑えれると思います。


✔︎年齢は関係あるのか

高校生の俺にサッカーで海外留学なんて早いよ…。
もう20代後半の俺にサッカーで海外留学なんて遅いよな…。

あなたはこうやって年齢を気にしていませんか?海外へサッカー留学をするのに早いも遅いも関係ありません。何歳になってもチャレンジ精神はとても大切ですからね。

しかしどちらかといえば当然、

海外へサッカー留学をしたいのなら若いうちに挑戦すべき

です。

・若いうちに海外へ行った方が良い3つの理由

①:語学が堪能になる

②:若い段階でその国のサッカーに順応できるようになる

③:選択肢が増える

 

①:語学が堪能になる

これは僕の考えですが、若ければ若いほど語学を吸収できるのは早いと思います。例を出すと10歳にしてバルセロナの下部組織へ入団した久保建英選手などはスペイン語がペラペラですしね。

海外でサッカーをすることにおいて語学は本当に大切です。もし語学が堪能であれば自分で契約や移籍の話なども全て進めることができますし、監督やチームメイトとのコミュニケーションも問題なくこなせるようになります。これは本当に大切なことです。

しかし結局は若くても若くなくても自分の頑張り次第ということは忘れないでください勉強や現地の人たちとのコミュニケーションをおろそかにしていては決して成長するということはありません。

②:若い段階でその国のサッカーに順応できるようになる

その国その国によってサッカーのプレースタイルは変わってきますし、その国のプレースタイルにいかに順応出来るかというのも1つの壁となってきます。

日本人のテクニック、技術は世界でもトップクラスだと思います。それに加え、日本とはまた違った海外のサッカーをユース年代のうちから順応することができれば、さらに上のカテゴリーのユースチームへ、そしてその国のトップリーグへという道も見えてきます。

【自分の強みであるプレーを生かし、海外サッカーへ順応する】

これが重要になってきます。

足が速い、俊敏性に自信がある、ボールコントロールが他の人よりうまい、などの自分の長所はどんどん発揮していきましょう。そのうえで外国人のプレーも盗めばもっとプレーの幅が広がりますし、サッカーが面白くなってくるのではないでしょうか。

僕の知り合いにこんな選手がいました。

ユースのトップリーグに所属するチーム → U23チームに昇格 → トップチームへ昇格

海外はチャンスだらけです。そのチャンスを掴むか掴まないかはあなた次第。

③:選択肢が増える

もし日本でサッカーをずっと続けるとすれば、

中学 → 高校 → 大学 →プロor 社会人

となります。別にこれはこれで良いと思いますし、否定をする気はありませんが僕は1度は海外へ出るべきだと思います。1度海外へ出てみて自分に合わなければ日本へ帰ればいいですし、もし海外が自分に合っていると感じればどんどんチャレンジすれば良いですしね。

なぜ選択肢が増えるかというと、1度海外へ出てみれば分かると思いますが日本では絶対できない経験をすることができて、自分の価値観や考え方が少なからず変わってくるからです。考え方が変わることによって、さらにいろんな選択肢が生まれてくるので自分の中での選択肢が増えます。

日本では絶対にできない経験ができる

これが1番の海外の魅力ですね。

 

✔︎最後に

日本人はよくチャレンジ精神がないと言われていますが、絶対に誰もがチャレンジ精神は持つべきだと僕は思います。

この記事を読んで分かる通り、サッカー海外留学は皆さんが思っているほどそんなにお金はかかりません。海外の学校へ通うのに奨学金制度もありますし。

 

海外へ挑戦しようかしないか迷っているそこのあなた。日本でとどまらずにどんどん海外へ進出して自分の価値観や考え方を変えていきましょう。

 

挑戦すべき時はいつも今

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました