ダイエットの停滞期を乗り越えるためにすべきことはたったの3つ【原因と対処法】

ダイエットの停滞期を乗り越えるためにすべきことはたったの3つ【原因と対処法】




ダイエットをしていてこのような経験をしたことはありませんか?

『初めはみるみる順調に痩せていたのに、ある日急に痩せなくなった』

ダイエットをしているとこのような停滞期に直面しする人は多いと思います。しかし、原因や改善方法が分からずに暴飲暴食に走ってしまうなんていうパターンもあります。

 

 

 

なぜ停滞期が来るのか?

『今までは順調に痩せていたのに、急に全然痩せなくなった...。なんで?』

このような状態をいわゆる『停滞期』と言います。

なぜこのような状態に陥ってしまうのか?

答えは1つで、人間の体の『ホメオスタシス』という機能が働くからです。ホメオスタシスとは体の状態を一定に保ち、生命を維持しようとする機能のことを言います。

つまり、ダイエットで急な体重変化に体がびっくりしてしまい、体が危険と察知して一定の状態に保とうと働くのが停滞期の原因です。

とはいえ、ホメオスタシスは正常な体なら誰しもが起こる現象で仕方がありません。この停滞期の状態の時は我慢の時と思い、グッと堪えて乗り越えましょう。

 

 

停滞期を乗り越えるためにすべき3つのこと

繰り返しますが、停滞期というのは正常な体なら誰しもが来るものなので仕方がありません。

しかし、この期間が辛く、乗り越えられない人が多いと思います。

ではこの期間をどのようにして乗り越えていけば良いのか?

それは下記の通りです。

①:マンネリ化を防ぐ

②:体重にとらわれない

③:辛抱強く我慢する

それでは上記の3つを具体的に解説していきます。

 

 

①:マンネリ化を防ぐ

主なマンネリ化とは下記の2つです。

 

1.食事のマンネリ

ダイエットをしている人たちは日頃から規則正しい食生活を送っていると思います。高タンパク低脂質を心がけたり、カロリー制限をしたりなどなど。そのような食生活を続けていると、最初の頃は体重や体脂肪が減ってそれなりの効果があると思いますが、どうしても人間の体というのは慣れてきてしまいます。

そんな時に取り入れるべきなのが『チートデイ』です。

チートデイとは簡単に言うと、普段ダイエットをしているからと我慢して食べていない食べ物を、1日だけ自分の好きなだけ食べる日といった感じです。

『ダイエットをしているのに好きなもの好きなだけ食べていいの?』

と思うかもしれませんが、このチートデイを取り入れることによって規則正しい食生活に慣れた体がびっくりして、停滞期を乗り越えることができます。

 

 

2.トレーニングのマンネリ

おそらく多くの方は自分のするトレーニングというのはだいたい決まっていると思いますが、トレーニングも食事と同じで体が刺激に慣れてしまいます。トレーニングを始めた当初は筋肉がつくスピードが早く、体の変化も感じることができていたと思いますが、体が徐々に刺激に慣れてきて停滞期を迎えます。

そこで必要なのがトレーニングの刺激を変えるということです。

 

・新しい種目をする

・いつもより重い重量を扱う

・いつもより軽い重量で回数を多くこなす

 

上記は1つの例でやり方は様々です。

トレーニングも食事と同じくマンネリ化を防ぎましょう。

 

 

②:体重にとらわれない

これはよくあるパターンなのですが、体重にとらわれすぎないようにしましょう。

ダイエットで大切なのは体重ではなく体脂肪です。

ダイエットをするにおいてこれはしっかりと肝に命じておきましょう。ダイエットが失敗する人の特徴としてもっとも多く挙げられるのが、体重にとらわれすぎているということです。

そのため、停滞期が来た時に休ぬ体重が減らなくなり動揺して、暴飲暴食に走ってしまうといったパターンです。

そもそも『毎日1kgづつ体重が減っている』というのをたまに聞きますが、それは別に体脂肪が1kg減っているというわけではありません。減っているのは下記の2つです。

 

・筋肉量の減少

・体の水分量の減少

 

繰り返しますが、上記を見て分かる通り、体重1kg減っているというのは体脂肪1kg減っているというわけではありません。体脂肪のみで1kg体重を減らすというのはかなり大変です。

 

☑️約1kgの体脂肪の図

この図のみでは想像しにくいかもしれませんが、かなり大きいです。

『体重は減っているのに見た目はたるんだ体系のまま。あの人、自分より体重は重いのにスラッとしていて綺麗な体系。なんで?』

そのような経験をしたこと、見たことはありませんか?

つまり、『体重が減る=綺麗な体になれる』ではなく、『体重はそんなに変わらなくても筋肉量を上げつつ体脂肪を減らす=綺麗な体になれる』です。

そして体脂肪というのは1日に数十グラムしか落とすことはできません。なのでダイエット中に停滞期がきたとしても、なんの動揺もせずに淡々とダイエットを継続していきましょう。

 

 

 

③:辛抱強く我慢する

ダイエットをしていたら停滞期は必ず訪れます。

上記で停滞期を乗り越えるためにマンネリ化を防いだり、体脂肪にコミットするようにした方が良いなどと言いましたが、結局のところ最終的に1番大切なのは辛抱強く我慢するということです。

停滞期がくると体重が落ちるペース、筋力が向上するペースなどは低下するかもしれませんが、完全にストップするというわけではありません。

停滞期が来ても動揺せずに変わらずこれまで通り継続していれば、わずかながらも体重は落ちますし、筋力だって向上します。

停滞期が来たからと動揺して逃げ出してしまったら全てそこで終りです。

辛抱強く我慢してその期間を乗り越えましょう。

 

 

ダイエットの停滞期にしてはいけないこと

最後に停滞期にしてはいけないことについて知っておきましょう。

 

☑️停滞期にしてはいけないこと

・過度な運動

・過度な食事制限

 

この2つです。停滞期が来たから『もっと運動しなきゃ、もっと食事減らさなきゃ』と思ってしまう人はとても多いです。

過度な運動、食事制限をしてしまうと体が栄養不足に陥ってしまったり、逆に筋力が低下してしまいます。

ダイエットは『焦らず地道にゆっくりと』です。

継続して行っていけば間違いなく体は変わりますし、停滞期も乗り越えることができます。