【ドイツサッカー】これからドイツへチャレンジする人必見!ドイツ下部リーグでプレーするならどこの地域ですべき?

サッカー




 

ドイツ下部リーグといっても地域は様々。地域によってレベルや注目度は大きく変わって来ます。初めてドイツ下部リーグへチャレンジする方はどこの地域のリーグが良いのかなんて分からないのは当然です。

そこで今回は、ドイツ下部リーグへチャレンジする際にレベルが高い地域、注目度が高い地域、お金をもらえるチームが多い地域はどこなのか?ステップアップに最適な地域などについて、4部リーグ5部リーグを中心に解説して行きます。

⚠︎あくまでも僕の個人的主観です

関連記事はこちらから

【2019年5月】ドイツ4部リーグで戦う日本人選手達を紹介!

【ドイツサッカー留学】下部リーグでもサッカーだけで生活をすることはできます

【ドイツサッカー留学】下部リーグでもサッカーだけで生活していけるのか

 

 

◾︎レベルが高い地域は?

これはドイツ西部地方のリーグ(west、süd west)でしょう。理由としてはまずドイツの中でも主要都市のデュッセルドルフ、ケルン、フランクフルト、マインツがあること。主要都市があることから多くの人が住んでいますし、必然的に多くの外国人、良いプレイヤーが集まります。

またデュッセルドルフなんかが良い例ですが、ドイツの主要都市は日系企業が多く日本人が非常に多いです。なので初めてドイツサッカーへチャレンジする人は住みやすさや、日本人同士で情報共有ができるという点も含め西部地方でのプレーをおすすめします。

西のリーグには過去にブンデスリーガにいた古豪チームやブンデスリーガに所属しているチームのU23(2軍)チームが4部リーグや5部リーグに所属しています。(ドルトムントやデュッセルドルフ、マインツ、ホッフェンハイム、フライブルク、FCケルン、ボルシアMG、シャルケなど)なので4部リーグや5部リーグには、プロを目指そうとギラギラしているプロの卵がたくさんいますし、過去にブンデスリーガ1部や2部でプレーしていたなんて選手もいます。

北部地方の4部リーグの得点ランキング2位の選手が翌年西部地方の4部リーグの上位チームへ移籍したなんて話もあります。それほど西部地方の4部リーグはレベルも高いですし、4部リーグ以下の5部リーグや6部リーグも決してレベルは低くありません。

 

◾︎レベルが高い=注目度も高い

プロの卵や、過去にブンデスリーガ1部、2部でプレーしていた選手が他の地域より多く集まっているリーグなので当然レベルは他の地域と比べて高いです。そしてレベルが高いと必然的に注目度も高まります。レベルが高いリーグには良い選手がたくさんいるので、様々な地域のサッカー関係者や代理人なんかが目を光らせて選手を探しています。

なのでドイツでステップアップをして行きたいのなら西部地方でプレーするべきでしょう。もちろん北のリーグやバイエルン地方なども良いチームはたくさんありますし、ステップアップするチャンスもたくさんありますが、総合的に見て西部地方がレベルも注目度も1番でしょう。

昨年は香川真司選手がドルトムント在籍時に調整の場としてドルトムントU23チームでRegionalliga west(4部リーグ)に出場しました。このように調整の場としてブンデスリーガの選手がU23チームの試合に出場することなんてパターンもたくさんあります。それこそかなりのチャンスの場ですよね?このようなチャンスが潜んでいます。

◾︎他の地域はどうなのか?

上記では西部地方だけについて解説しましたが他の地域にも当然チャレンジする価値はあります。バイエルン地方は4部リーグにバイエルンU23チーム、北部地方にはハンブルガーSVやハノーファーのU23チームが所属しています。なので他の地域でステップアップしていくのを目指すのもありですが、初めてドイツへチャレンジする方はまずは西部地方でプレーすることをおすすめします。

◾︎結局は自分次第

上を目指しやすい、注目されやすい地方は西部地方ですが、結局はステップアップできるもできないも自分次第です。活躍すればできますしそうでなければできません。どこで誰が見ているか分からない、どこにチャンスが潜んでいるのか分からないのがドイツサッカー。常に良い準備しましょう!

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました