【2019年5月】ドイツ4部リーグで戦う日本人選手達を紹介!




ドイツは4部リーグといえどサッカーだけで生計を立てている選手が多く、また立派なスタジアムを持っているチームが多いです。ブンデスリーガに所属しているチームの2軍なども4部リーグに多く参戦しているためレベルも非常に高いです(Borussia MGやFC BayernMünchenなど)

そのためドイツは4部リーグでも活躍するのは決して簡単ではありませんし、チームに加入する事すら難しいです。そんなドイツ4部リーグですが実は多くの日本人選手が在籍していて活躍しています。そこで今回はドイツ4部リーグ(Regionalliga)で戦う日本人選手達、注目選手を紹介。

 

✔︎Regionalligaについて

ドイツ4部リーグはRegionalliga(レギオナルリーガ)というリーグ名が付けられています。West(西部), Südwest(南西部) ,Nord (北),Nordost(北東部), Bayern(バイエルン)という5つの地域の5リーグ制となっています。

 

✔︎Regionalligaでプレーする日本人選手達

West(西部)

・三宅 海斗 ミヤケ カイト(Fortuna Düsseldorf U23)

・アペルカンプ真大 (Fortuna Düsseldorf U23)

・寺田 俊 テラダ シュン (SV Straelen)

・小田垣 旋 オダガキ メグル(SV Straelen)

・石橋 圭輔 イシバシ ケイスケ(SV Straelen)

 

Südwest(南西部)

・澤田 恒 サワダ コウ (Kickers Offenbach)

・松本 晃希 マツモト コウキ   (VfR Worma.Worms)

 

Nord(北部)

・酒井 高聖 サカイ ゴウソン(Lüneburger SK)

・山田 真史 ヤマダ シンジ (BSV Rehden)

 

Nordost(北東部)

・矢島 倫太郎 ヤジマ リンタロウ (ZFC Meuselwitz)

・綿引大夢 ワタヒキ ヒロム   (ZFC Meuselwitz)

・岡田昌巳 オカダ マサミ (SV Babelsberg)

Bayern(バイエルン)

・渡辺 夏彦 ワタナベ ナツヒコ   (FC Memmingen)

 

この13選手が2019年5月現在、Regionalligaでプレーしています。今回はこの11選手の中でも僕が最も注目している、3選手を紹介しようと思います。

 

✔︎注目3選手

 
・寺田 俊 テラダ シュン (SV Straelen)

1993年7月17日生まれ。

彼は僕の1番の注目選手です。現在1番ブンデスリーガへ近い人間なのではないでしょうか。ヴィッセル神戸jy→滝川第二高校→立命館大学と強豪校を渡り歩いてきた彼ですが、決して順風満帆なサッカー人生ではありませんでした。大学時代は1番下のチームで当然Jチームからの誘いもなし。そんな彼が大学卒業後選んだ舞台はドイツ6部リーグ。そこで彼は圧倒的な数字を残しました。

「ドイツ6部リーグ 33試合41ゴール13アシスト」

6部リーグとはいえ決してレベルは低くありません。そこでこの結果を残した彼は多くの5部リーグのチーム、そして4部リーグのチームから関心を持たれました。翌年彼は5部リーグでも13ゴール7アシストと結果を残し、見事4部リーグへステップアップを果たしました。

現在4部リーグで28試合11ゴール1アシストと結果を残しています。過去にまだ事例がない、

ドイツ下部リーグからブンデスリーガへ。

期待値大です。

 

・澤田 恒 サワダ コウ (Kickers Offenbach)

1991年12月25日生まれ

彼もドイツでの最初のキャリアは6部リーグからでした。札幌大学で主力として活躍していましたがJチームからの誘いはなく、大学卒業後渡独。

6部リーグでコンスタントに得点という結果を積み重ね、5部リーグへ。そこでも結果を残し見事4部リーグへ移籍を果たしました。彼の所属しているチームKickers Offenbachは過去にブンデスリーガへ在籍していたこともあり、立派なスタジアムをはじめとした4部リーグの中ではトップクラスの環境を備えています。さらに毎年4部リーグで優勝争いを繰り広げている強豪チームです。そのチームに今年で在籍3年目。1年目、2年目こそ途中出場が多かったですが、3年目の今年はレギュラーとして活躍しています。

彼や上記の寺田選手のような存在がこれからドイツでプロになろうという志を持った選手の良い目標となるのではないでしょうか。

 

・アペルカンプ真大 ( Fortuna DüsseldorfU23)

2000年11月1日生まれ

ドイツ人と日本人のハーフの彼はドイツ語が堪能というドイツでプレーするために大切な武器を18歳という若さですでに持っています。また今期からFortuna Düsseldorf U19ではキャプテンを任されていて、A-Jugend-Bundesligaで21試合10ゴール6アシストと大暴れ。その結果も認められ飛び級でU23の試合へも出場しています。またアンダー世代の日本代表へも召集されていて、今日本の若手の中でも期待値は非常に高いです。

ジュニアユース年代からずっとFortuna Düsseldorf育ち。順調にステップアップを重ね、ブンデスリーガ1部のトップチーム昇格へ期待です。

 

✔︎ドイツは常にチャンスがある

ドイツでは常に色々なチームが色々な選手を見ています。下部リーグからブンデスリーガへの道も決してないわけではありません。そのために以下に自分が結果を残せるか。誰がどこで見ているかわからない中、常に自分のベストパフォーマンスを出せるか。

チャンスはあります。それを掴むか逃すかは自分次第。

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. […] ・【2019年5月】ドイツ4部リーグで戦う日本人選手達を紹介! […]

  2. […] ・【2019年5月】ドイツ4部リーグで戦う日本人選手達を紹介! […]

タイトルとURLをコピーしました