【2019年】今大学サッカーが熱い!?関東大学サッカー注目選手!

【2019年】今大学サッカーが熱い!?関東大学サッカー注目選手!




大学サッカーからJクラブに入る選手はプロ1年目から素晴らしい活躍を見せています。また、昨年は流通経済大学サッカー部からベルギー1部リーグのシント=トロイデンVVに加入をするなど、日本の大学サッカーの期待値も高まってきたのかなと感じています。

天皇杯で大学生がJクラブを倒すとうのも最近では珍しいことではありません。それほど大学サッカーのレベルも上がってきているんです。

そこで今回は2019年関東大学大学サッカーリーグ注目選手をご紹介!

 
 
 
 

✔︎GK

 

阿部 航斗   アベコウト

                                             出典:web.gekisaka.jp

・1997年8月1日生まれ/185cm80kg/新潟県出身

・亀田フットボールクラブ→アルビレックス新潟ジュニアユース→アルビレックス新潟u18→筑波大学

アルビレックス新潟u18時代はトップチームと2種登録、さらにはu18Jリーグ選抜やアンダー世代の代表経験など素材は非常に高い。アルビレックス新潟のトップチーム昇格が叶わず筑波大学へ進学し、阿部はそこでさらなる成長を遂げる。関東大学サッカーリーグ1部で多くの好セーブ、さらに2017年第97回天皇杯2回戦で当時J1のベガルタ仙台、3回戦では当時J2のアビスパ福岡を破りベスト16入りに大きく貢献した。阿部の1番の持ち味は気持ちの強さ、ガッツだ。際どいルーズボールにも臆することなく飛び込む勇気、チームがどんな苦境な状況でも後ろから支える声はチームに安心感と勇気を与える。

 

✔︎DF

 

星キョーワァン   ホシ キョーワァン

                                                    出典:web.gekisaka.jp

・1997年6月15日生まれ/184cm79kg/栃木県出身

・下野市立南河内第二中学校→矢板中央高等学校

関東大学サッカーリーグで1番目立っているCBではないのだろうか。今年は駒澤大学でキャプテンを務め後ろからチームを鼓舞している。圧倒的強さを誇る空中戦、対人は迫力満点だ。課題だったビルドアップも大学に入り改善されてきている。どこのJクラブへ入団するのか楽しみだ。

 

本村 武揚    ホ ンムラ タケアキ

                                                    出典:web.gekisaka.jp

・1997年6月20日生まれ/178cm75kg/東京都出身

・FC多摩→流通経済大柏高→流通経済大学

安定感No. 1CB。CBとして決して上背はないが自分より背が高い相手にもヘディングは負けない。相手からボールを奪う技術に優れていて、安定感のあるビルドアップも魅力だ。今はチームでCBとして出場しているが個人的には彼のSBが見たい。

 

アピアタウィア久   アピアタウィア ヒサシ

                                                    出典:web.gekisaka.jp

・1998年10月18日生まれ/190cm77kg/愛知県出身     

・愛知FCu15→東邦高→流通経済大学   

こんなに高いポテンシャルを秘めている選手は中々いない。まだ体の線は細いが圧倒的身体能力、体のバネがとにかくすごい。また190cmの長身ながら足も早い。高校2年まではFWをしていて3年時からCBへ転向。今チームではSBをしているが本人はCBでプレーしたいそうだ。今後の彼の起用法にも注目が集まる。        

 

住吉 ジェラニレーション   スミヨシ ジェラニレーション

                                                    出典:web.gekisaka.jp

・1997年10月5日生まれ/180cm76kg/神奈川県出身

・日大藤沢高校→国士舘大学

高校時代はFWとして活躍していたが大学に入りCBへコンバート。FWとしてパッとしなかった大学ルーキーイヤーだが、CBへコンバートと同時に彼の才能が開花する。ボディコンタクトの強さから粘り強いディフェンス、空中戦の強さ、一瞬のスピードに優れていて相手の攻撃をシャットアウト。まだCBの経験の浅さから簡単に裏を取られるなどのミスもあるが、これからもっと試合経験を積んで急成長するだろう。

 

大桃 海斗   オオモモ カイト

                                                    出典:web.gekisaka.jp

・1997年10月28日生まれ/181cm82kg/新潟県出身

・長岡JYFC→帝京長岡高校→早稲田大学

高校時代はアンダー世代の代表に選出されるなどの経歴を持つ。昨年は関東1部リーグ優勝に大きく貢献し、今期は早稲田大学で主将を務める。とにかく真面目で熱血、何事にも全力で取り組む。そんな大桃は守備でも決して隙を見せない。ミスが起きれば原因を突き詰めて修正するなど分析能力にも長けている。

 

村松 航太   ムラマツ コウタ

                                                    出典:web.gekisaka.jp

・1997年8月22日生まれ/171cm71kg/静岡県出身

・青島北SSS→藤枝東FCジュニアユース→清水エスパルスユース→順天堂大学

 
1年時から関東リーグへ出場し経験値は非常に高い。171cmとCBとしてはかなり小柄ながら決して空中戦に弱いわけではない。当たってもブレない体幹、高い足元の技術を持っていてCB以外にもSB、ボランチができる。
 
 
 

✔︎MF

 

紺野 和也   コンノ カズヤ

                                                                         出典:web.gekisaka.jp

・1997年7月11日生まれ/161cm58kg/埼玉県出身

・武南高校→法政大学

低身長ながら相手の逆を突くドリブル、決定的なパスを選出する姿はバルセロナのメッシを彷彿させる。主に右サイドでプレーする彼は中へのカットインのキレが凄まじく、昨年のインカレ決勝では多くの観客を魅了した。FC東京への内定も決まっていて、東京五輪代表への選出も期待されている。

 

鍬先 祐弥   クワサキ ユウヤ

 

                                                                         出典:web.gekisaka.jp

・1998年5月15日生まれ/175cm72kg/長崎県出身

・長崎南山学園→東福岡高校→早稲田大学

彼を一言で表すと『冷静沈着』。主にボランチ、アンカーを任される彼は相手からどんなに激しい寄せをかけられても軽くいなす。さらに高精度なキック、縦パスも魅力的だ。彼の試合を読む目は大学サッカー界でもトップクラスだろう。

 

宮本 優太   ミヤモト ユウタ

                                                    出典:web.gekisaka.jp

・1999年12月15日生まれ/172cm66kg/東京都出身

・Forza’02→流通経済大学付属柏高等学校→流通経済大学

高校3年時はキャプテンを務めインターハイ優勝、選手権準優勝という好成績を残した。誰よりも走り、誰よりも全力でプレーし、ことごとく相手の攻撃の芽を摘むボランチだ。大学1年時から関東リーグに出場、2年となった今期は全日本大学センバツに選出されるなど順調に成長を遂げている。高校サッカーのスターが大学サッカーでどう成長するのか楽しみだ。

 

鳥海 芳樹   トリカイ ヨシキ

出典:web.gekisaka.jp

・1998年8月1日生まれ/165cm62kg/神奈川県出身

・村岡キッカーズ→村岡中学校→桐光学園→桐蔭横浜大学

細かく繊細なボールタッチから繰り出されるのドリブル、一瞬のスピードで前へ行く推進力がすごい。高校時代から彼のドリブルは光っていたがそれがゴールへ直結する場面は少なかったが、大学へ入りゴールへの貪欲さも加わりより怖い選手へと進化した。

 

 

中村 健人   ナカムラ ケント

                                                                         出典:web.gekisaka.jp

・1997年9月1日生まれ/170cm65kg/熊本県

・鶴見SSC→JFAアカデミー宇城→東福岡高校→明治大学

高校サッカーファンなら誰しもが知る存在なのではないのだろうか。名門東福岡で3年時に10番キャプテンを務め、選手権優勝。鳴り物入りで明治大学へ。しかし1年、2年生時代は思うような結果を残せなかったが3年時から出場機会を掴み始め最終学年の4年へ。確かな足元の技術を持っている彼が今年どう飛躍するのか見ものだ。

 

薬真寺 孝弥   ヤクシンジ タカヤ

                                                                         出典:web.gekisaka.jp

・1998年3月7日生まれ/173cm69kg/大分県出身

・青江小サッカースポーツ少年団→FC佐伯 S-play・MINAMI→長崎総合科学大学附属高校→駒澤大学

長崎総合科学大付属で10番キャプテン、そして今シーズン3年生にして駒澤大学の10番を背負っている。駒沢の攻撃の中心で彼が機能するかしないかでチームの状況は変わってくる。正確なパス、そして高い得点能力が彼の魅力だ。

 

加瀬 直輝   カセ ナオキ

                                                                         出典:web.gekisaka.jp

・2000年6月7日生まれ/164cm50kg/千葉県出身

・ACカクテル→尚志高校→流通経済大学

昨年の選手権で尚志高校の11番を背負い多くの観客を沸かせた。流通経済大学ではルーキーイヤーながらすでに出場機会を得ており、関東リーグでも彼のドリブルは十分に通用している。今後もっと数多くの試合をこなし得意のドリブルにさらなる磨きがかかることに期待だ。

 

イサカ ゼイン 

                                                                         出典:web.gekisaka.jp

・1997年5月29日生まれ/174cm70kg/東京都出身

・町田JFC→桐光学園→桐蔭横浜大学

ガーナ人をルーツに持つ身体能力抜群アタッカー。鳥海とは高校時代から同じチームで今は鳥海とイサカが桐蔭横浜の両サイドを牽引している。パスやクロスに改善点を持つが圧倒的な身体能力、抜群のスピード、力強いドリブルは迫力満点だ。

 

 

✔︎FW 

 

武田 太一   タケダ タイチ

 

                                                                         出典:web.gekisaka.jp

・1997年4月22日生まれ/183cm81kg/大阪府出身

・枚方FCマシア→ガンバ大阪ユース→早稲田大学

ガンバ大阪ユース最強世代出身。同期には現在ガンバ大阪でプレーしている市丸瑞希や高木彰人、さらにヴィッセル神戸でプレーしている初瀬亮らが名を連ねる。そんな中、高校3年時にはプレミアリーグで8得点を決めてチーム得点王となるがトップ昇格は叶わず大学へ。大学では2年時に関東2部リーグで2得点、3年時には1部リーグ初得点を決めるなど順調にステップアップ。持ち前の得点力、ゴールへの貪欲さを十分に発揮してほしい。

 

浮田 健誠   ウキタ ケンセイ

                                                                         出典:web.gekisaka.jp

・1997年6月12日生まれ/185cm78kg/千葉県出身

・ミナトSC→柏レイソルu18→順天堂大学

柏レイソルu18時代はトップチームと2種登録しACL出場を果たしたがトップチーム昇格とはならなかった。大学では1年時から出場機会を得ているが同期の圧倒的ストライカー旗手怜央の活躍により影を潜めていた。しかし浮田の左足からくり出される『えげつない』シュート、ヘディングだろうと思わせるボールを胸トラップで収めてしまう身体能力はサッカー関係者を唸らせる。今期は順天堂大学の主将を任されている。

 

三國スティビアエブス   ミクニスティビアエブス

                                                                         出典:web.gekisaka.jp

・1998年5月31日生まれ/182cm70kg/東京都出身

・青森山田中→青森山田高校→順天堂大学

ここではあえてFWとして彼を紹介しよう。DF登録なのにFWとして試合出場をするという異色な選手。高校3年時には青森山田高校でサイドバックとして出場し選手権優勝を果たしている。大学1年時もサイドバックとして関東1部リーグに出場していたが2年時に突如FW起用され、その試合で2ゴールをあげる活躍を見せた。FWとしての経験の浅さからかまだどこかぎこちない気もするが、確かな足元の技術に加え、高さやバネを兼ね揃えている彼は十分FWとしての可能性も秘めている。DFとFW両方できる彼の今後の起用法にも注目だ。