コーヒーが持つ効能とは?コーヒーを飲む6つのメリットを徹底解説

食事【栄養】




最近では老若男女関係なく、多くの人が飲んでいるコーヒー。

朝の1杯、休憩中の1杯、作業後の1杯...

美味しいですよね〜。そんなコーヒー好きなあなた。コーヒーの効能を知らずに飲んでいませんか?コーヒーは1日にどれくらいのんでいいのか?コーヒーを飲むことでどのような効果を得ることができるのか?などなど。

そこで今回はコーヒーの効能、コーヒーを飲むメリット、デメリットについて解説していきます。

 

スポンサーリンク

1.コーヒーを飲む6つのメリット

①:ダイエット効果

みなさんも知っている通り、コーヒーにはカフェインという成分が含まれています。そしてコーヒーにはもう1つ、ポリフェノールの1種で『クロロゲン酸』という成分が含まれています。

・カフェイン→消化酵素の働きを活性化

・クロロゲン酸→脂肪分解の促進、脂肪の蓄積を防ぐ

このカフェインとクロロゲン酸の2つの成分には、上記のような効果があるため、非常にダイエット効果は高いと言えます。運動前にコーヒーを飲むとこれらの効果を、より高く受けることができるのおすすめです。

 

②:ストレス軽減

コーヒーにはストレスを軽減する作用があります。それはコーヒーによる『カフェイン 』と『香り』によるものです。

コーヒーに含まれているカフェイン、コーヒーの香りには強いリラックス効果があるとされています。

カフェインを含む飲み物はコーヒー以外にもたくさんありますが、このリラックス効果を得ることができるのは何故かコーヒーのカフェインだけなんです。

 

③:眠気覚ましに最適

朝起きた時に『眠いな』と感じた時、お昼頃に『眠気』が襲ってきた時。

このような時に眠気覚しとしてコーヒーは最適です。

人は絶えずアデノシンという物質を生成していて、この物質が脳内に蓄積し眠気を誘います。コーヒーに含まれているカフェインは、このアデノシンという物質をブロックし、脳を活性化させ、興奮状態を作ってくれる効果があるんです。

つまり、眠気を取っ払ってくれるというわけです。

 

④:免疫力の上昇

コーヒーは人間の免疫力を高め、『若くして死亡するリスクを軽減』してくれる効果があります。

コーヒーには抗酸化物質というのが含まれていて、これが癌予防となるとされています。また、肝臓や心臓などの消化器系なども改善してくれる効果をもっています。

しかし、これは豆から挽いたコーヒーのみ。インスタントコーヒーは添加物が多く含まれていて、栄養分は少ないです。

 

⑤:記憶力、集中力の向上

『コーヒーを飲むと記憶力を高める働きが活性化する』

と、アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の研究結果により発表されています。そのため、勉強前などにコーヒーを飲むと効果的と言われています。

また、コーヒーには集中力を高めるという効果もあり、仕事中などのコーヒーはかなり効果的と言えるでしょう。

 

⑥:疲労感の軽減

コーヒーが持っているカフェインの疲労感の軽減は、一般的に言われている『運動後の疲労感』ではなく『運動中の疲労感』の軽減です。

つまり、運動後の疲労回復ではなく、運動中に疲労を感じにくくなるということです。

なので運動前にコーヒーを飲むと、集中して長時間の運動をできるという効果が期待されます。

 

2.コーヒーを飲むデメリットはある?

上記でコーヒーを飲むメリットについて解説しましたが、もちろんコーヒーを飲むデメリットも少なからずあります。

それは、『遅い時間帯にコーヒーを飲むと不眠症になる』ということです。

コーヒーに含まれているカフェインは長時間、体内に残るため、夕方や夜にコーヒーを飲むと寝れなくなってしまう原因となります。

とはいえ、それは夕方以降の遅い時間にコーヒーを飲んだ場合のみの話です。普通に朝やお昼にコーヒーを飲めば、上記のメリットを得ることができます。

 

3.過剰摂取に注意

コーヒーにはダイエット効果、眠気覚し、ストレス軽減、免疫力や記憶力の向上、疲労感の軽減などの様々なメリットがあります。しかし、だからといって1日に10杯、20杯と飲んで良いわけではありません。

カフェインというのはコーヒーだけに含まれているわけではなく、紅茶、緑茶、エナジードリンクなどにも含まれています。

カフェインを過剰摂取してしまうと下記の症状が出てしまう可能性も...。

・下痢

・吐き気

・不安感

・心拍数の増加

・不眠症

カフェインを過剰摂取してしまうと、上記のような健康被害を及ぼす可能性があるので気をつけましょう。

このような健康被害に合わないためにも、コーヒーは1日2〜4杯ほどが適切な量だとされています。正しく摂取すればコーヒーは間違いなく、あなたの生活に良い影響をもたらしてくれますよ。

 

4.正しく飲めば最高の飲み物

繰り返しますが、夕方以降のコーヒーは不眠症の原因、過剰摂取は様々な健康被害を及ぼす原因となってしまう可能性があるので気をつけましょう。

とはいえ、朝や昼など正しい時間帯に適切な量のコーヒーを飲めばメリットだらけで、コーヒーは最高の飲み物だと僕は思っています。

コーヒーを朝1杯飲んで、眠気を吹き飛ばしスッキリした気持ちで学校、仕事へ向かいましょう!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました