有酸素運動を毎日する3つのデメリットとは?有酸素運動の効果を引き出す方法を解説

ダイエット




 

『痩せるためには有酸素運動、脂肪を燃焼させるためには有酸素運動』

このような考えを持っている人って多いのではないでしょうか。たしかに筋トレ後の有酸素運動や、適度な有酸素運動は脂肪を燃焼させるためには効果的です。しかし痩せたい、脂肪を燃焼をさせたいという気持ち一心で毎日行ってしまったらどうなのでしょうか?

結論を言ってしまうと、有酸素運動を毎日するのは多少なりともメリットはありますが、デメリットの方が圧倒的に多いです。有酸素運動の効果を最大限に引き出すためには、有酸素運動についての知識をつけなければいけません。

そこで今回は有酸素運動の正しいやり方、効果的なやり方などについて解説していきます。

 

有酸素運動を毎日するメリット、デメリット

繰り返しますが、有酸素運動を毎日するのはメリットよりも圧倒的にデメリットの方が多いです。早めに効果を出したいと焦って有酸素運動を毎日してしまっている人がいると思いますが、確実に逆効果です。

それでは痩せたい、脂肪を落としたい人は下記のことを参考にしてみてください。

 

 

1:有酸素運動を毎日するメリット

まず始めに有酸素運動を毎日するメリットから解説します。

ズバリ、メリットはたったの1つで『持久力、心肺機能が向上』するという点だけです。本当にたったのこれだけです。有酸素運動をする毎日やっても痩せませんし、脂肪も落ちませんが、持久力や心肺機能は一定のレベルまでは向上します。後、もう1つだけ強いてあげるとすれば『継続力が付く』ということですね。

有酸素運動を毎日するメリットは本当に少ないので今すぐやめましょう。

 

2:有酸素運動を毎日するデメリット

有酸素運動を毎日するデメリットは大きく分けて3つほどあります。

1つずつ解説していきます。

①:痩せにくくなる

有酸素運動は始めたての頃は効果が出やすく、みるみる体重、体脂肪が減っていくと思います。(もともと体重が重い人、体脂肪率が高い人に限る)

しかし、有酸素運動を繰り返し毎日やることによって体が慣れてしまい、ある一定の体重、体脂肪になったら一気に減らなくなってしまいます。

そうなると、さらなる運動をしなければ体重も体脂肪も減りませんし、体重をキープすることですら難しくなってきます。そして結果的に有酸素運動をやめて太るといったパターンに陥る人が多いです。

 

②:リバウンドしやすくなる【基礎代謝量の低下】

有酸素運動を毎日してしまうと筋肉量が徐々に減ってきます。

筋肉量の低下=基礎代謝量の低下

を意味しているため、太りやすく痩せにくい体型へとなってしまい、結果的にリバウンドをしてしまうといった形になってしまいます。基礎代謝量とは安静状態でも呼吸、心臓の動き、体温維持などの生命活動を維持するために消費される、必要最小限のエネルギー代謝量のことで、体重や体脂肪を減らすためには非常に重要となってきます。

また、有酸素運動は体の疲労度に対して、消費カロリーはそこまで多くありません。そのため『有酸素運動をやったから』といったやりきった感から、消費カロリー以上にカロリー摂取をしてしまうパターンもあります。

 

③:怪我のリスクが高まる

有酸素運動をしている人達は1回の有酸素運動時間が30分〜1時間程度だと思います。

ということは、有酸素運動を毎日することによって、筋肉、関節等に負担を毎日かけているということです。負担を毎日かけることによって徐々に蓄積されていき、結果的に長期的な怪我につながってしまえば何の意味もありません。

休むことも必要ですよ。

 

 

有酸素運動を効果的に行うには?

上記を読んでもらって分かる通り、有酸素運動を毎日するのはデメリットしかありません。

『だったら有酸素運動でどうやってやるのが効果的なの?』と思いますよね。

答えは簡単で、筋トレをしてから有酸素運動をするんです

ただこの組み合わせる際に順番が非常に大切になってきます。

 

有酸素運動→筋トレ✖️

筋トレ→有酸素運動 ◎

 

もし有酸素運動を先に行ってしまうと、筋トレ時に糖分が不足していて、エネルギー不足のため、筋肉を分解してしまう恐れがあるので気をつけましょう。

 

☑️筋トレ後に有酸素運動を行うメリット

・脂肪燃焼効果を促進

・基礎代謝量の向上

 

もしダイエット目的で有酸素運動を行っているのなら、上記の2つは重要なポイントです。筋トレをすると成長ホルモンが分泌され、この成長ホルモンが脂肪細胞を分解する働きを持っています。したがって、筋トレの後は脂肪を効率よく燃焼させることができます。

また筋トレと有酸素運動を組み合わせると、筋トレで筋肉量が増える分、基礎代謝が上がります。体の基礎代謝が上がると脂肪を燃焼しやすいですし、基礎代謝と脂肪燃焼は非常に関係性は深いです。

 

☑️筋トレ後の有酸素運動の目安時間

筋トレ後に有酸素運動を行うという場合は、すでに成長ホルモンが分泌されていて脂肪を燃焼させやすい状態にあるので、20〜30分くらいで十分でしょう。

もし有酸素運動のみを行うという場合は、最低でも45分〜1時間はやる必要がありますし、脂肪燃焼効果も筋トレ後のユウさんそう運動に比べたら薄いです。

 

 

まとめ

上記をまとめます。

・有酸素運動を毎日するのはデメリットだらけ

・筋トレ後の有酸素運動が効果的

どうせ有酸素運動をするのなら、絶対的に効率の良いやり方を選ぶべきです。独学でむ

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました