【マッスルファクトリー】バンコクでジムに行くならここ!





タイは日本より物価が安いということもあり、日本より会費が安いのに日本より充実した設備を兼ね揃えているスポーツジムがたくさんあります。

その中でも巨大で最新マシーンを数多く揃えていて、ヤバいトレーニー達が世界各国から集まるジムがバンコクにはあります。

Muscle Factory【筋肉工場】

名前からしてヤバいですね。

今回は自分が実際にMuscle Factoryでトレーニングをしてみた体験談なども含めて、このジムを紹介していきます。

 

 

1:圧倒的な敷地面積

日本のジムとかだと、

「自分が使いたい器具が使用中で待たなければいけない」

という状況になってしまうパターンが多々ありますが、Muscle Factoryではその状況になってしますことはまず無いと思います。

なぜなら同じマシーンが何個もありますし、さらにはマシーンの種類も半端ないほど多いからです。マシーンの数が少ないとトレーニングの種類も限られてきてマンネリ化してしまいますよね。このジムでは全身に様々な刺激を入れることができます。

さらに敷地面積が広いだけではなく、天井も高く開放的なのもこのジムの魅力の1つです。

 

2:とにかく安い

この設備だし高いんだろうなぁと思っているあなた。決してそんなことはありません。バンコク内では高めかもしれませんが日本のジムと比べれば全然安いです。

1日250バーツ
10日2000バーツ
1ヶ月3000バーツ
3ヶ月7500バーツ
6ヶ月11000バーツ
1年18000バーツ

となっています。この設備でこの価格って相当安い、、、。

 

3:モチベーションが上がる

この充実した設備を兼ね揃えているだけあり、めちゃめちゃマッチョな人達が唸りを上げてトレーニングをしています。

そういう人達と同じ場所でトレーニングすると自分のモチベーションも高まります。

僕自身、

あんなマッチョな人でもこんなにハードに鍛えてるんだ。俺なんてまだまだ甘いな。

と感じましたし、そのおかげでハードに追い込めることができました。

しかし、マッチョな人ばかりというわけではないので安心してください。初心者さんから鬼マッチョさんまで幅広い層が利用していますので、誰でも気軽に行けます!

 

4:トレーニング後にすぐ栄養補給

ここはトレーニング場の他にカフェレストランも併設されていて、筋肉飯(鳥のささみ等)やバナナ、プロテインなどを手頃な価格で購入することができます。

トレーニング後の栄養補給は必須です。鶏肉とプロテインをカフェで補給していきましょう。

 

5:アクセス

最寄駅はBTSオンヌット駅です。オンヌット駅から歩いて行けない距離ではないですが、バイタク等を使った方が楽ですね

住宅街へ入っていくとこのような看板があります。この道をまっすぐ進んでいくと…

ローカル住宅街の中に圧倒的存在感でMuscle Factoryがあります。一見入りずらそうですが店員の対応も良く、誰でも気軽に入れます。

 

6:まとめ

今、欧米人に感化され日本を含めたアジア全域でもフィットネス文化が進んできています。

筋トレをすることは正直メリットしかありません。体調、見た目、精神、全てが良い方向へ変わります。

どうせトレーニングをするならば良い設備でやった方が成長も間違いなく早いです。

みなさんも是非1度Muscle Factoryへ!

コメント

  1. […] ・【マッスルファクトリー】バンコクでジムに行くならここ! […]

タイトルとURLをコピーしました