海外でプロサッカー選手へ!海外でプロサッカー選手になるために重要なことを教えます

日本でプロになれないなら海外でなんて絶対に無理。

みなさん、そう思っていませんか?実は決してそんな事はありません。日本でプロになれなかった人達でもヨーロッパ、南米、アメリカ、アジア、オセアニア、アフリカなど世界各地でプロサッカー選手として活躍しています。

日本でプロになれず海外でプロサッカー選手として活躍してJリーグへ逆輸入で加入というのも今となっては決して珍しくはないですから。

では、なぜ日本でプロになれないのに海外ではプロになれたのか。

それはズバリ、日本と海外では評価の基準が違うからです。

日本のサッカーには日本独特の【文化】のようなものがあると僕は感じています。みなさんはサッカーが上手い人ってどんな人のことを指すのか考えたことがあるでしょうか?

今回は日本と海外の評価の基準について解説します。

1:ボールの扱いが上手い=サッカーが上手いではない

 

・サッカーが上手い人とは

先日、名古屋グランパスのジョー選手とサガン鳥栖のフェルナンドトーレス選手の対談でも話題になっていましたが、

日本人は足元(ボールの扱い)はとてもうまい。でも試合展開が常に早くて休まる時間がない。

僕はこの会話を聞いて日本人はもっとサッカーの本質を理解して上手くなる必要があると言っているように聞こえました。

海外へ行くと、トラップやドリブルがめちゃめちゃ下手だけど毎試合点を取るフォワードなんかがいます。逆に日本ではドリブルがめちゃめちゃ上手いけど得点にはあまり絡めない選手なんかがたくさんいます。

海外ではどちらがフォワードとして評価されるでしょうか?

それは後者です。いくらドリブルで相手をかわそうが結果を出さなければ意味がありません。そして監督の求めている事、つまり戦術理解度が圧倒的に求められます。

僕はサッカーが上手い人について海外に行ってからよく考えるようになりました。一般的な日本でのサッカーが上手いと、海外でのサッカーが全く違うという事は頭に入れておいたほうがいいです。

2:1vs1の重要性

オフェンスでもディフェンスでも海外での1番の評価基準は1vs1だと思います。以下に1 vs1で勝てるか、実戦で自分のマックスのパフォーマンスを発揮できるか、技術があってもこの2つをできなければ全く評価されません。

近年、日本でもハリルホジッチの言う【デュエル】で1vs1の重要性は日本でも認識されてきました。

1vs1といっても多くのパターンが存在ます。相手が前向き、後ろ向き、サイド、中央、相手との距離間など。球際をただ単純に激しくやるのが重要なのではなく、その時の状況において最も有効な1vs1の戦い方をするのが大切なんです。

ようは、自分の目の前の的に負けない事です。

3:自分の武器

これは日本、海外関係なく必要な事ですが特に海外は【自分の武器】をいかにアピールできるかが重要です。

・ボールの扱いが下手だけど足が圧倒的に速い

・ヘディングは絶対に負けない

・対人は誰にも負けない

・足は遅いけどボールは奪われないし、決定的なパスを出せる

などなど。みんなそれぞれのアピールポイント、武器というのは持っていると思います。

では、この武器をしっかりアピールするためには?

それは自分の武器をしっかりと自分で認識して、試合で発揮することです。

全てのステータスが平均よりちょっと上の選手より、〜がだめだけど〜は圧倒的に良い

というように、一芸を持っているほうが評価されやすいですし、分かりやすい特徴を持っているほうがチームから必要とされるパターンが多いです。

 

4:まとめ

みなさん日本での評価ばかりを気にする必要はありません。世界各国色々なサッカースタイルがあり、日本で評価がされないというのはその一部にしかすぎないということです。

多くの才能を持った若者たちが高校や大学でプロになれないと悟り、サッカーを辞めてしまうのが今の日本の現状です。

日本でダメなら1度他の国に目を向けてみてはどうですか?チャンスはどこに転がっているか分かりません。行動した人にだけ転がってくるのがチャンス、それを掴むも逃すも自分次第です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました